イケメンになりたい、美しくになりたい、もっと自分の容姿に自信をもちたい。そう考えるあなたにとって有益な情報を発信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【実験】20代の男が湯シャンを1年間試してみた結果

湯シャンとは
洗髪剤(つまりシャンプー)を使わずに、お湯だけで髪を洗うこと
を指します。

じゃあなんでシャンプーを使わないのに湯”シャン”と呼ぶのでしょうか。

実はシャンプーという言葉自体に
「頭髪を洗うこと」という意味があるそうなんですね。

この湯シャンはハリウッド女優や海外セレブが
取り入れているということで有名になりました。

日本でも芸能人や女性モデルの方も実践しているとのことで、
私もやってみようと思い立ち、
湯シャンを開始してから1年近くが経過しました。

そこで今回は湯シャンをすることのメリットをお伝えした後に、
実際に私が湯シャンを実践してみて感じたことを赤裸々に述べていこうと思います。

メリット

私が湯シャンを始める前に調べて分かったメリットは以下のようなことです.


  • シャンプーのすすぎ残しの心配がない

  • すすぎ残しがあると毛穴をシャンプーがふさいでしまい、
    雑菌繁殖をもたらしてしまいます。

    これは薄毛の大きな原因になるので、
    これを防げることは大きなメリットとなります。

  • 頭皮から出る皮脂の量が適切になる

  • シャンプーによって皮脂を落としすぎてしまうと、
    それを補うために「より多くの皮脂つくれ!」
    と脳から指令が送られてしまいます。

    この過剰な皮脂が毛穴をふさぐ原因となってしまうのです。

    シャンプーを使わなければ皮脂を落とし過ぎる可能性が低くなります。

    湯シャンを続けていれば皮脂の出る量が徐々に適切な量へと変化していくのです。

  • シャンプー代が浮く

  • お金は大切です笑。


この中でも私が特に魅力を感じたメリットは
シャンプーのすすぎ残しが無くなることですね。

頭には髪が生えているので、
すすぎ残しをしないようにするためには
かなり長い時間シャワーで流さないといけません。

完全に流すためにはシャンプーにかける時間の
約3倍必要だと言われています。

私は結構面倒くさがりなので、
この洗い流す時間が短縮されるのはうれしいです。


私の行っているやり方


「シャワーを使い、37度前後のお湯で地肌をもむように洗います。」


コツとしては
シャワーヘッドは頭に極力近づけること。
(シャワーの水圧で頭皮の汚れをよく落とすため)

爪ではなく指の腹で洗うこと。
(頭皮に傷をつけないようにするため)

洗い忘れやすい生え際もちゃんと洗うこと

があげられます。

1年間続けてみて感じた効果

プラス面
湯シャンを始める前より髪が太くなった
(抜け毛で確認)

臭いも特にしない。(周りの人にも確認済み)

若干ではあるが髪が増えた気がする。
(髪が太くなった結果?)


マイナス面
始めてから1ヶ月間ほどは頭がかゆくなるときがある。

(そのため始めてから1ヶ月間は二日に一回、もしくは三日に一回は
 シャンプーをした方が良いです。
 それ以後はかゆくなったらシャンプーすることをおすすめ。)

整髪剤(ワックスなど)は湯シャンだけでは落とせない。
(整髪剤が頭皮に残っていると雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、
 ワックスやジェルなどを使った日はシャンプーを使った方が良いです。

 整髪剤を使った日の髪の洗い方に関しての記事はこちら
 →ワックスをキレイに落とせるシャンプーのやり方ポイント3つ!!)

以上が一年間湯シャンを続けてみた感想です。
今では夏でもほとんど頭がかゆくなるということはありません。

ワックスをつけたときにはシャンプーをしますが、
それ以外の日では湯シャンをしています。

まとめ

シャンプーを使っていた時より湯シャンをしている今の方が
髪の状態は良いものになっていると実感しています。

主に髪が太くなってきている点で。

私が感じた湯シャンのマイナス面に関しては
たまにシャンプーをすれば解決できます。

湯シャンしようか迷っているなら試してみることをぜひおすすめします。


女性の方で1年以上湯シャンを続けた方が
写真付きで経過を報告してくれているサイトがありましたので紹介しておきます。

女が1年以上湯シャンを試してみた

【追記】

ワックスなどを使っていないのに
湯シャンを続けていると頭がかゆくなってくるという人がいると思います。

そのような人はなんとかしてきっちり汚れを落とそうと
強い力で湯シャンをしてしまいがちです。

ですがこれは大きな間違い。

弱い力で湯シャンをするだけで頭皮の汚れ十分に落ちます。

逆に強い力でやってしまうと頭皮が荒れてしまったり、
必要な皮脂まで根こそぎ取ってしまうことになるので
かゆみの原因になってしまうのです。

ですから、もし湯シャンを実践していて
頭にかゆみを感じることがありましたら、
汚れがきちんと落とし切れていないのではと思うのではなく、
強い力でやり過ぎていたかもと思うようにしてください。

そうすることで、
あなたの頭皮、髪はより良いコンディションになっていくでしょう。




 スポンサードリンク


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

8827e80276704d2d336c29d968ff8b7e_m

名前:ひでき

静岡県出身東京都在住の20代。
趣味は読書、水泳、スノーボードとテニス。

高校1年生のときクラスの女子から全く相手にされずに過ごし、このままではまずいと思い美容に目覚める。

これまでに読んだ美容に関する書籍は100冊を軽く超え、同じ数だけ実践してきました。

その結果、原宿の竹下通りや表参道で芸能事務所にスカウトしてもらえるまでになりました。

僕自身の経験を活かし「美しくなりたい」と考える人の役に立てるような記事をどんどん書いていきます。

これからどうぞよろしくお願いします。