【知らなきゃ損】深呼吸をすることで得られる効果が半端ない!?

2016年6月12日

あなたは普段深呼吸をすることはありますか?

おそらく緊張をほぐそうとするときや、
ラジオ体操の最後ぐらいでしかすることは無いでしょう。

しかし実は深呼吸をすることで
リラックスすること以外にも、
体全体に対しとても良い効果をもたらすのです。

これからそれら深呼吸をすることのメリットを述べていきます。

効果

  • リラックス効果


  • 深呼吸をすると交感神経の働きが抑えられ、
    副交感神経の働きが活発になります。

    交感神経が活性化すると心拍数が増え、血圧も上がるのです。

    つまり興奮した状態になりリラックスとは程遠い状態。

    それに対し副交感神経が活発化すると、心拍数は減り、血圧が下がります。

    その結果リラックスすることが出来ます

    また副交感神経が活発化した状態なら眠りにつきやすくなるので
    寝る直前に深呼吸を5分ほど行うと眠りにつきやすくなります。

    私も寝る直前には深呼吸をしているのですが、
    深呼吸をした回数を数えていると5分もしないうちに眠りにつけます。

    これはリラックスと、数を数えることに集中することで無心になれることによる効果である
    と私は考えています。

  • 便秘の改善
  • これは深呼吸をするとおなかをよく動かすことになり、
    腸が刺激されることによって起こる効果です。

    朝起きたとき水をコップ一杯分飲んでから、深呼吸してみましょう。
    目が覚めますし、便秘も解消しやすくなるので一石二鳥です。

やり方

深呼吸のやり方については多くの方法がネットや書籍で転がっていますが、
ここでは私のおすすめの方法を紹介します。


1、まずはあお向けに寝転がる。
(オフィスなどにいて横になることが不可能な場合は座ったままでもかまいません。
その場合はうつ伏せの状態よりも、頭を軽く後ろに倒して行うとよりリラックスできます。)

2、目を閉じて鼻から10秒かけて息を吐ききってください。
(口から息を吐くとより深く息を吐けるとは思いますが、口の中が乾燥しやすいです。)

3、吐ききった状態を5秒キープ

4、鼻から10秒かけて息を吸い込む。

以上の2から4を繰り返し行ってください。



コツは息を吐くときには体の中の悪いものがすべて出るイメージでやること。

また肩を後ろに引いて胸を開いた状態で行うと
より深く呼吸することが出来るようになりますよ。

吸うときには、新鮮な空気が体中に溶け込んでいくイメージで行うとより気分がよくなりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

深呼吸をすると良いことがたくさんあります。

ストレス解消だったり、
便秘の解消だったり。

緊張しているときに深呼吸をすれば、
リラックスできます。

深呼吸をすることのメリットをきちんと覚えておき、
適度に深呼吸をすることで快適な日々を過ごしていきましょう!!




 
 スポンサードリンク
[ad#co-1]

体全体

Posted by hide