剛毛男がケノンで足の毛の脱毛を始めた件

2020年10月2日

こんにちは。ひできです。

これは家庭用脱毛器ケノンで脱毛を行う男の連載物の初回です。1週間に一回のペースで経過観察の様子を投稿していこうと思います。端的にいうとケノンの実験体になってあげるよ、という企画。

使う商品はこれ👇

Table of Contents 目次

私について

私はずっと剛毛でした。

いつからって?

生まれた時からです。

母親は私を産んだときに”お猿が生まれてきちゃった”と思ったそうです。少し誇張があるかとは思うのですが。

まあただ、それもあながち間違いではないんじゃないか、と思うくらい私は剛毛です。それも小学生のころから。小学4年生のころにはすでにすね毛が生えそろっていたと思います。

まあとりあえず剛毛なんですよ。

そんな私(20代半ば)の現在の足がこちら(グロ注意)

2019年12月15日

自分の足ながら汚いですねぇ、

この足をなんとか変えたいと思い、脱毛を決意しました。

でもこれまで20年以上ともに人生を歩んできた我が同胞(毛)、せっかくなら記録に残してあげたいと思い、この連載をすることに決めました。

ケノンの公式サイトには2週間に一回使うの良いと書かれていましたが、色々ググって見ると1週間に一回の方が毛根により強いダメージを与えられるため、効果が強まるとのこと。その分肌へのダメージは強いそうなのですが、私は肌がまあまあ強い方なので1週間周期で使おうと思います。

使い方は脱毛したい箇所の毛を剃って、そこにケノンで光を照射していくだけ。

今後

今後の掲載予定の画像なのですが、
以下のように考えています。

  • 剃る前の画像(先ほど載せたやつ)
  • 剃った後の画像
  • 1週間後の画像(脱毛のために剃る前)
  • 1週間後の画像(脱毛のために剃った後)
  • ケノン照射後の画像

最初は何もケノンを使っていない時とケノンを使った場合の毛の生え具合を比較するため、一度毛を剃ったあとケノンで照射せずに、1週間伸ばしてみます。

で、それ以降はケノンの利用を開始し、ケノンを使うとどんな変化が出てくるのか見ていこうと思います。

以上がこの連載についての説明でした。

今回の記事の締め括りとして、
剛毛を全て剃った結果の足を見せます。

だいぶ綺麗になりましたねぇ。

剃るために使ったのは以下の商品です。


でも近くで見ると、やはり先ほどまで濃い毛が生えていたこともあり、拡大すると毛がぶつぶついることが分かります。

もも

剃った結果どれくらい変化があったのか、確認するために、片足だけ剃った時点の写真も撮っておきました。

それがこちら。

やっぱり毛がないと綺麗に見えますね。肌が白く見えます。なんとか毛穴がない綺麗な足になりたいです。

今後もどんどん経過を投稿していくので、気が向いたら確認お願いします。

続編はこちら