重たい目をパッチリした目に変えるたった1つの生活習慣

目を大きくする方法は世の中にたくさんあります。

マッサージだったり、アイメイクだったり。

しかしそれら以上にぱっちり目に対して効果がある生活習慣をこの記事ではご紹介いたします。

ぱっちり目のための生活習慣

パッチリ目になるための生活習慣、それは「前を見る」です。

単純に前を見る時間が長い生活をしていると目がパッチリします。

重たい一重まぶたの人は目が大きく、奥二重の方は綺麗な二重になったりします。

私は以前右目は二重で、左目は一重でした。しかし前を見る生活を心がけていたら両目とも二重になり、もともと二重だった右目は前よりパッチリしました。

理由

なぜ前を見るようにするだけで目がパッチリ大きくなるのでしょう。その理由はまぶたの筋肉にあります。

まぶたの筋肉が発達すると目を開きやすくなります。目を開くことができれば目を大きく見せることが出来ます。

下を見るためにはまぶたの力は必要ありません。しかし、前を見るためにはまぶたの力が必要です。試してみればすぐに分かります。

前を見ることを生活習慣にできれば普通に生活している中でまぶたの筋肉を鍛えられ、パッチリ大きな目になることができるのです。

ちょっと身の回りの人で考えてみて欲しいのですが、身長が低い人は目が大きい人が多く、身長が高い人はキリッとした目の人が多いと思いませんか?これは身長が低い人は普段から前や上を見ることが習慣になっている結果です。

コツ

「前を見る」ことの効果を最大にするためのコツを紹介します。

眉毛を上げない

人間は眉毛の位置を上げ、おでこの筋肉を使って目を開くことが出来ます。しかし、この方法ではまぶたの力が最大限に使えていません

前にも述べたとおり、前を見るようにして目が大きくなるのはまぶたの筋肉が発達するからです。

まぶたの力を最大限使うためにも、眉毛を上げてしまうおでこの筋肉を使わず、まぶたの力だけで目を開きましょう。

顎を軽く引く

顎を軽く引くと、「前を見る」ためには目線を少し上げる必要があります。いわゆる上目づかいですね。

前を見るよりも、上を見る方がまぶたの筋肉を使います。しかし日常で上を見ることはほとんどありません。そこで、顎を軽く引くことで無理やり上を見る形にするのです。

まとめ

以上、日常生活で目をパッチリ大きくする方法について紹介しました。

この方法は本当に効果が高く、その日の内に効果がある人もいます。

スマホを見る時間が長く、下を向くことが多い人には特に効果的です。是非実践してみてください。

最後にこの記事を読んでくれた方におすすめの本を紹介しておきます。

デカ目テクニック (樋口メソッド 1)

デカ目テクニック (樋口メソッド 1)

樋口 賢介
発売日: 2010/05/21
Amazonの情報を掲載しています

この記事を読んでくれた方におすすめの記事はこちらです。

Posted by hide