イケメンになりたい、美しくになりたい、もっと自分の容姿に自信をもちたい。そう考えるあなたにとって有益な情報を発信しています。

【素早く深剃り】髭の剃り方ポイント5つ!|電気シェーバー編

2014.11.20

2 comments

ポイント

あなたはご自分の現在のヒゲ剃りに満足されていますか?

満足されていないのであれば
あなたは間違った剃り方をしているかもしれません。

これから髭剃りのコツをいくつか紹介していくので
参考にしてください。

今回は往復型の電気シェーバーについてです。

(往復型の電気シェーバーとはこのページの最初の
 イラストの形のシェーバーのことです。

 往復型の他には回転型というものがあります。)

往復型のシェーバーは深ぞりしやすいため、
ヒゲが濃い方に特にオススメです。


コツ

  1. 蒸しハンカチを使い、ヒゲを少し柔らかくする。
  2. シェーバーはカミソリとは違い肌に何もつけずにそのまま剃り始められるところに
    大きなメリットがあります。

    しかしヒゲはとても硬いもの。

    一説によると銅線と同じくらいであると言われています。

    それをそのままの状態で剃ろうとすると、
    シェーバーを肌に強く押し当ててしまいがちです。

    強く押し当てた分だけ当然肌に負担がかかることになります。

    それを防ぐためにもヒゲあらかじめ柔らかくする必要があるのです。

    このとき便利なのが蒸しハンカチ

    作り方は簡単です。

    ハンカチを水で濡らし、きつくしぼってから
    レンジで25秒~30秒チンするだけ。


    この蒸しハンカチを顔の下半分を覆うようにのせ、
    ハンカチがぬるくなるまで待ちましょう。

    こうするとヒゲ適度にやわらかくすることができます。

    蒸しハンカチが熱すぎてやけどした、
    なんてことにならないよう気を付けてください。

    ハンカチは出来るだけ厚手の方がさめにくいのでオススメです。

    薄いものしかお持ちでないようでしたらタオルを使っても良いです。

    ただし、髭が薄い方や肌が膨張しやすい方は逆に剃りづらくなる可能性があります。

    ですので、
    まずは顔の半分だけ蒸しタオルで温めてから顔全体を剃り、
    何もしていない場合とどちらが剃りやすいか比べてみましょう。

  3. シェーバーを持っている手とは逆の手で肌を伸ばし、寝ている毛を立てる。
  4. 毛は寝ている状態よりも立っている状態の方が深剃りできます。

    これはヒゲがシェーバーの中に入り込み、
    内刃まで届きやすくなるため。

    このとき肌を引っ張る力はできるだけ弱くしてヒゲを立たせましょう。

    強く引っ張ると肌に大きな負担がかかり、
    肌荒れにつながってしまいます。


  5. 逆剃り、つまり髭の生えている向きと逆方向に向かって剃る

  6. これも上と同じように、
    内刃までヒゲが届きやすくなるようにするための工夫です。


  7. 肌と直角になるようにシェーバーをあてる
  8. 直角になるようにあてるとシェーバーの刃をすべて使えることになります。

    そのため早く、キレイに剃れるようになるのです。


  9. ゆっくりシェーバーを動かす
  10. 素早く動かすとシェーバーの内刃まで髭が入りづらくなってしまいます。

    それを防ぐことがゆっくり動かす理由です。


以上のことをまとめておきます。

  • 蒸しハンカチでヒゲをやわらかくする。
  • シェーバーをもっている手と逆の手で肌を伸ばし毛を立てる。
  • 逆剃り。
  • 肌と直角になるようにシェーバーをあてる。
  • ゆっくりシェーバーを動かす。

  • その他のポイント

    • 剃った後は洗顔
    • 剃り終わったあとは顔についたヒゲくずを流すため洗顔しましょう。

      お湯だけで洗えば大丈夫。

      洗顔後は化粧水やアフターシェーブローションで保湿すること。

      ちゃんと保湿しておけばヒゲ剃りで肌にできた細かな傷が治りやすくなるんです。

    • 剃る時間帯は夜ではなく朝。

    • これは髭が最もよく伸びるのが朝の6時10時の間だからです。

      夜に剃ってしまうと、朝また生えてきてしまい
      剃った意味が薄まってしまいます。

      10時以降に剃るのがベストなのですが、
      会社や学校がある人は難しいでしょう。

      なので出来るだけ家をでる直前に剃ると良いですね。



      また、少なくとも起きてから20分は剃らないでおきましょう。

      目覚めた直後は顔がむくんでしまっているため、
      深剃りしにくくなっているのです。

    • こまめにシェーバーの掃除をする

    • 肌の表面には菌がたくさんついています。

      その肌をこすったシェーバーにも菌がたくさんついてしまうのです。

      またヒゲを剃ると肌に細かな傷ができる可能性が高くなります。

      その傷に菌が繁殖しないようにするため
      シェーバーは常に清潔な状態にしておきましょう。

      最近では水洗いが出来るものも多くあり手入れが楽になっているのでオススメです。

      オススメの電気シェーバーに関する記事はこちら



    ヒゲはその人の清潔感にとても大きな影響を与えます。

    毎朝キレイに剃って清潔感のある男になっていきましょう。




     スポンサードリンク

関連記事

コメント

    • 元理容師
    • 2015年 2月 05日

    髭を剃るには必ず手を添えて剃ると良いです
    ハンカチよりも厚手のタオル使用するのもおすすめです

    • ひでき
      • sacchin
      • 2015年 2月 05日

      貴重なコメントありがとうございます(^^)。

      確かに薄いハンカチだと冷めるまでが早いので、
      厚手のタオルの方が有効そうですね。

      参考にさせてもらいます。

      今後も何かお気付きになられる点がありましたら
      コメントどうぞよろしくおねがいします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

8827e80276704d2d336c29d968ff8b7e_m

名前:ひでき

静岡県出身東京都在住の20代。
趣味は読書、水泳、スノーボード、テニス、卓球、ビリヤードです。

外見に全く気をつかわなかった高校1年生の頃、クラスの女子から全く相手にされずに過ごし、このままではまずいと思い美容を意識するように。

これまでに読んだ美容に関する書籍は100冊を軽く超え、同じ数だけ実践してきました。

その結果、ゼミとサークル内のかっこいい人ランキングで1位に選ばれたり、原宿の竹下通りや表参道で芸能事務所にスカウトしてもらえるようになりました。

私自身の経験を活かし「美しくなりたい」と考える人の役に立てるような記事をどんどん書いていきます。

これからどうぞよろしくお願いします!!