イケメンになりたい、美しくになりたい、もっと自分の容姿に自信をもちたい。そう考えるあなたにとって有益な情報を発信しています。

【どんどん更新中!!】ニキビを治したい人が気を付けなければならないことのまとめ

始めに

ニキビに悩む人は本当にたくさんいる。

そんな人たちにとって鏡をみることは怖いことであろう。

だがもしそのニキビをキレイに治すことが出来たとしたら?

鏡を見て自分の美肌にうっとりと見惚れることになるかもしれない。

好きな人の顔をちゃんと見て話せるようになるため、
その人からの好感度もあがるはずだ。

なにより自分に自信が持てる。


僕が町を歩いていてすれ違って
本当に美しい人だな」と思い、
二度見してしまった人達は
皆間違いなく美肌で顔が輝いて見えた。

あなたも二度見されてしまうようなニキビのない美肌を手に入れてしまおう!!


これからニキビを引き起こす原因となっていることや
気を付けるべきことをまとめて書いていく。

肌を少しでも早くキレイにするためできるだけすべて参考にしてほしい。

絶対に気を付けることトップ3

まず最初にこれだけは絶対に守ってほしいことトップ3の発表。

第3位  眠る前にスマホを見ない

これ、やってる人は多いが、
実はかなり肌に悪い。

まずスマホは非常に明るい光を発しているため、
目に負担が大きく、眼精疲労がたまりやすい。

その結果顔全体の血行が悪くなり、
ニキビが悪化する可能性が生まれてしまう。

また明るいものを見た後は、
脳がまだ眠る時間ではないと錯覚してしまうため、
寝つきが悪くなる。

寝つきが悪いと睡眠の質が下がり、
成長ホルモンがうまく分泌されず、
肌の再生、修復が十分になされないのだ。


第2位  顔を手で触らない

基本的に手は汚いものだとちゃんと認識してほしい。

何気なく触るテレビのリモコンや携帯にも
トイレの便器と同じくらいの菌が付いている。

それらを触った手で顔を触ってしまうと
顔に雑菌が繁殖してしまう。

せっかく治りかけたニキビが
悪化してしまうかもしれない。

顔を触っていいのは洗顔の時だけ。

よーく気を付けよう。

特に気を付けるべきことは頬杖と
かゆくてポリポリかいてしまうこと。

この2つは無意識にやってしまうことが多いので特に注意を。


第1位  肌ケアの仕方を頻繁に変えない

ニキビに悩む人にとても多いのが
肌ケアを頻繁に変えてしまうこと。

あるときはちゃんと洗顔料を使って洗顔し、
あるときは水洗顔が良いと聞いて水だけで洗顔をする。

そのようにケアの仕方をころころ変えてしまうと、
肌がそのケアに対応できなくなってしまうのだ。

食生活や睡眠にも言えることだが、
人の体は現在の生活に慣れようとし、
その生活に最適な体、皮膚を作り上げようとする。

そのため最低でも三週間は肌ケアの仕方は変えることなく
継続させることを心掛けよう。

そうすることでそのケアに肌が慣れ、
そのケアにあった肌を作り上げてくれるので
肌荒れを減らすことが出来る。

僕の一番のおすすめは
朝はお湯だけで洗顔、夜はしっかり泡洗顔

これが一番ニキビが出来にくかった。

気を付けることリスト

ここからニキビをなくすためにすべきこと、
しない方が良いことをどんどん発表していく。

美肌を手に入れるためにも出来るだけすべてに目を通してほしい。

  • 汗をかく
  • 汗をかくことを習慣化させておくと、
    汗腺が発達し、
    体から不要なものを排出しやすくなる。

    また汗をかくためには体温をあげた結果、
    血管が広くなり、血液のめぐりが良くなるので、
    肌に栄養が行きわたりやすくなる。

    ウォーキングやお風呂に浸かることを日課にしてみよう。

    知り合い達を思い出してみると、
    一人暮らしの人より実家暮らしの人の方が
    美肌である割合が高いのだが、
    これは湯船にちゃんと浸かるからかもしれない。

    一人暮らしの人はシャワーだけで済ませる人が多いし。

  • 枕カバーを頻繁に取り換える
  • 寝ている間、寝返りを打つたびに
    顔に触れる寝具。

    これを清潔にしていないと
    美肌は手に入れられないだろう。

    枕カバーは最低でも1週間に一度は取り換えるようにしよう。

  • 鏡を出来るだけ見ない
  • ニキビに悩む人はニキビがあることを確認するだけでかなりのストレスがたまる。

    髭剃りの時や、化粧をする時など、
    鏡を見なければならない時を除き、
    出来るだけ鏡は見ないようにしよう。

    むしろ自分は美肌であると思い込んでいる方が、
    確実に早くニキビを治せる。

  • 意識的に深呼吸をする
  • 深呼吸をすると、ストレスが減り、血液のめぐりが良くなるという研究結果が出ている。

    電車を待っているときや、シャンプーをしているときなど、
    適当に時間を見つけ意図的に深呼吸をしよう。

  • 鼻呼吸の徹底
  • 鼻呼吸は口呼吸よりも深い呼吸になりやすいため、
    酸素を多く体の中に取り組めることとなる。

    また深い呼吸を習慣化出来ると代謝が良くなるため、
    肌荒れの予防につながる。

  • よく噛んで食べ、胃の負担を減らす
  • 食べ物を消化するためにはかなりのエネルギーが必要となるのだが、
    よく噛むことでそのエネルギーを減らすことが出来、
    その分を、肌の再生へと回すことができるのだ。


  • 冷たいものを食べることを控える
  • 冷たいものを口にすると
    体が冷え、代謝が悪くなる。

    また胃にも負担がかかる。

    出来るだけ常温、もしくは温かいものを口にするよう心がけよう。

  • 食生活をきちんとする
  • あなたの体はあなたが今までに食べたもので出来ている

    そのため、何を食べるかが大事だということは分かるだろう。

    肉を食べ過ぎない、野菜をたくさん食べるなど、
    いろいろなことを耳にしたことがあるかもしれないが、
    気を付けてもらいたいことは一つ。

    たくさんの種類のものを少しずつ食べるということだ。

    どんな食材にも良い点がある。

    たくさんの種類のものを食べ、
    たくさんの種類の栄養を取り込むことが、
    美肌への一番の近道なのだ。


  • 早寝をする
  • 肌をキレイにしてくれる成長ホルモンが一番出るのが夜の10時から2時の間。

    この期間に睡眠をとると肌の再生がうまくいく。


  • お酒を飲みすぎない
  • アルコールの分解するときには肝臓に大きな負担がかかる。

    また深酒すると眠りが浅くなってしまうこともニキビにつながる。

    詳しくは【対策】アルコールが肌にもたらす影響が恐ろしい!!【必須】の記事で。


  • ニキビは潰さない
  • 実は潰していいニキビもあるのだが
    悪化しないよう潰すには
    面倒くさい手間を取らなければならず、
    おすすめできない。

    潰さず刺激を与えないようそっとしておくのが
    結局のところ一番だ。


  • ストレスをためない
  • 適度なストレスなら良いのだが、
    過度なストレスはホルモンバランスを乱す原因となってしまう。

    お気に入りの音楽を聴く、
    スポーツをするなど、
    自分なりのストレス解消法を見つけよう。

    ちなみにおすすめは速足の散歩。

    10分~20分ほど続けていると頭がとてもスッキリする。


  • 腹八分目で食事をやめる
  • 満腹になるまで食べると、
    胃や腸に多大な負担がかかる。

    また消化のために血が内臓に集められるため
    血のめぐりが悪くなり肌に充分な栄養が行き渡らなくなってしまう。

    今まで満腹になるまで食べていた人は
    腹八分でやめるのは辛いかもしれない。

    だがそれは始めのうちだけだ。

    2日間ほど腹八分を続けられれば
    全然辛くなくなるのでそれまで頑張ろう!

まとめ

ニキビの出来る原因は人によって様々。

だがここに書いてあることを実践してもらえば、
どんどん肌はキレイになっていくはずだ。

悩むことは肌に悪い。

ニキビが治るのは時間の問題だと信じ、
気楽に美肌に近づいていこう!!



 スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

8827e80276704d2d336c29d968ff8b7e_m

名前:ひでき

静岡県出身東京都在住の20代。
趣味は読書、水泳、スノーボード、テニス、卓球、ビリヤードです。

外見に全く気をつかわなかった高校1年生の頃、クラスの女子から全く相手にされずに過ごし、このままではまずいと思い美容を意識するように。

これまでに読んだ美容に関する書籍は100冊を軽く超え、同じ数だけ実践してきました。

その結果、ゼミとサークル内のかっこいい人ランキングで1位に選ばれたり、原宿の竹下通りや表参道で芸能事務所にスカウトしてもらえるようになりました。

私自身の経験を活かし「美しくなりたい」と考える人の役に立てるような記事をどんどん書いていきます。

これからどうぞよろしくお願いします!!